ツシマヤマネコとの自然共生農場が第11回田園自然共生活動コンクールで受賞

ツシマヤマネコとの自然共生農場が第11回田園自然共生活動コンクールで受賞

朝日新聞「ツシマヤマネコと共に」の記事に掲載した長崎県対馬市の農業者による自然共生農業の活動が2013年12月に第11回田園自然再生活動コンクール(地域環境資源センター主催農林水産省、環境省など後援)で受賞しました。田の浜集落での自然共生農場建設の基本計画を当協会の松木洋一理事長が検討委員会の代表となって策定して以来、現在もその活動に関係しています。今年は対馬へのツアーを企画したいと思います。
馬市北部の上島に位置する田ノ浜地区は、現在8戸の小さな集落であり、子供もいない程過疎化が進行した限界集落となっています。一方、当地区はツシマヤマネコの拠点生息地域でもあり、ツシマヤマネコ以外にも希少な野生動物が生息し、島内でも豊かな自然が残っています。減化学肥料・減農薬などの「自然環境にやさしい米づくり」に取り組むことで、ツシマヤマネコが生息できる豊かな自然環境を保全し、末永く後世に伝えることを目指しています。また、将来のツシマヤマネコの保護活動の担い手となる地域の児童を対象に、「田んぼの学校」を開催するなど、自然生態系保全に向けた取組が優れています

(田園自然再生活動コンクールの審査結果・受賞団体の概要http://www.acres.or.jp/Acres/denen/html/contest.htm

ツシマヤマネコとの自然共生農場が第11回田園自然共生活動コンクールで受賞

Written by admin on 1月 10th, 2014