世界の農家の農業経営は大きく変わってきている!

論文紹介
「家族農業経営の企業形態の転換の論理と実態~日本と欧米諸国の比較分析~(上・下)」松木洋一著
養賢堂『農業および園芸』誌 2012年4月号・5月号掲載
http://www.yokendo.com/journal/jul.htm
英文版は『日本獣医生命科学大学研究報告』 第60号 79-98頁 平成23年12月掲載
http://jisvr02.nvlu.ac.jp/mylimedio/search/search-input.do

要 約
家族農業経営は日本のみならず世界的に支配的な農業企業形態である。しかしながら、この中核的な農業の担い手組織が20世紀後半から崩落的な減少を辿っており、農地の耕作放棄のみならず農村社会の崩壊の直接的な原因となっている。
家族経営では、従事者の高齢化と後継者不足の進行が強まっており、血縁や結婚縁による協業の維持がますます困難になっている。そのために家族員間の経済的及び法律的な契約関係について様々な改善がとりくまれ、従来の伝統的な農家概念とは異なる多様な企業形態の農場が形成されている。特に家族員間のパートナーシップ契約(共同経営契約)が結ばれることによって世帯主の家父長的な所有と管理から解放され、対等な共同経営者として妻や子が経営参加する経営組織が形成されてきているのである。また、所有と経営、労働が分離して、世帯主が社長でそれ以外の家族は労働者として雇用される会社組織も形成されている。
家族農業経営体の企業形態の転換を規定するのは家族の生産関係であるが、その形態転換を規定する内容には、経営手段の所有と利用関係、労働における雇用および管理と分業協業関係、利益の分配関係、資産の継承関係などがある。
企業形態 Type of Enterprise, Type of Business Organization, Business Formとは、経営体における所有・経営・協業労働の分化と結合の状態および発展段階によって類型化する経済的組織形態と各企業間の統合の状態をあらわす企業集中形態がある。また、個別の企業が設立や運営について法律によって規制されることによる法律的形態Legal Formとしての企業形態がある。経済的形態と法律的形態とは同一の企業の内実と形式の関係にある。農場の企業形態にはインテグレーションによる企業集中形態も重要であるが、ここでは個別の農場の経済的組織形態および法律的形態によって企業形態の類型的把握を行った。  

キーワード:家族農業経営、企業形態、個人経営、共同経営、会社経営

The Logic and State Concerning New Types of Business Organization
of Family Agricultural Holdings
– A Comparative Analysis between Japan and Western Countries-
Yoichi Matsuki
Emeritus Professor
Laboratory of Nature Management and AgriFood Economics
Nippon Veterinary and Life Science University
Tokyo, Japan

Abstract
Family agricultural holdings are the predominant type of agricultural holdings not only in Japan but also around the world. However, the “core principal farmers” have ever been drastically decreasing since the latter half of the 20th century, which directly caused not only the abandonment of arable land but also the collapse of rural communities.
In family holdings, the aging of workers engaging in agriculture and the shortage of successors have been aggravating, which have made to maintain the partnership based on family blood and marriage linkages more and more difficult. Under the circumstances, since various improvements in economic and legal aspects regarding the contract forms among family members have been undertaken, consequently various business types of agricultural holdings different from the traditional types have been formulated.
In this study, it is intended to locate the present situation and future direction of family agricultural holdings of Japan and western countries in the transforming process of business types caused by the structural change of family agriculture commonly observed in the world, in other word, the movement toward the partnership holdings and companies in juridical entities

Key Words: Family Agricultural Holdings, Types of Business Organization, Individual holdings, Partnership Holdings, Company Holdings

The Bulletin of The Nippon Veterinary and Life Science University,
No.60, 79-98, December, 2011
http://jisvr02.nvlu.ac.jp/mylimedio/search/search-input.do

Written by admin on 3月 6th, 2012